ギャンブルではないか?


ギャンブルをどのように定義するのかの問題にもなりますが、一般的には、リスクのあるもの、あるいはリスクが高いものにお金を投資すると、ギャンブル性を感じる人が多いようです。事実国債への投資のことを、ギャンブルだと指摘する人は、ほとんどいません。

しかしより正確に特徴を挙げるのなら、掛け金、あるいは投資金を、一度に失うリスクが存在する。またはそういうシステムになっているものがギャンブルだと言えます。日本国内で合法的に認められているギャンブルである競輪、競馬、パチンコ、スロットマシン、そして宝くじなどは、すべて、掛け金を一度で全部失うシステムになっています。

ijそのような見方をすれば、バイナリーオプションはギャンブルとなります。バイナリーオプションでは、予想が当たれば設定された倍率の配当金がもらえ、予想が外れれば、投資金の全額が没収されるからです。

しかし一般的なギャンブルとバイナリーオプションでは、違う点もあります。それは途中で権利放棄できるシステムを用意していることです。すべての業者のすべての商品が、このシステムを採用しているわけではありませんが、国内の一部の業者と海外の多くの業者では途中で権利放棄して、精算できるようになっています。このシステムを活用すれば、投資金の損失額を100%ではなく、減らすことができるのです。これは競馬や宝くじなどのギャンブルとは、決定的に違うところです。

またバイナリーオプションのギャンブル性が高いとしても、日本国内ではっきりと認められている投資行為なので、別に恥ずかしい思いを抱いたり、負い目を追う必要はまったくありません。しかしながら、ギャンブル性の高い投資であることは、しっかりと認識しておく必要があります。リスク管理のサポートに積極的な業者を探すのも一つの手です。個人的にアイフォレックスと、24 optionがお勧めです。