バイナリーオプションとは、市場が空いている時間にのみ取引できるトレードのことです。注意する点は、取扱業者によってにそれぞれ取引時間が異なるため、自分が取引可能な時間にはたして取り組めるかどうか、ということです。(取引時間とはバイナリーオプションが購入できる時間を指します。)


バイナリーオプションは、値動きに応じて利幅が変わるFXとは違って、相場の上がり下がりを予想するものですから、値動きの幅の大小によって、利益が変わることはありません。

kkまた、FXは値動きが激しければ激しいほど利益を出すチャンスがありますが、それとは逆にバイナリーオプション海外は、値動きが小さい時の方が取引しやすいという特徴があります。つまり、バイナリーオプションで利益を出すためには値動きの小さい時間を狙って取引することがコツといえます。
そこで値動きが小さい時間がいつなのかを知ることが大事になりますが、初心者にはそんなことは分からないですよね。そこで活用すると便利なのが『チャート』です。

 
『チャート』とは、相場の流れなどを示す指標のことで、トレンド系とオシレーター系の2種類があります。すこし初心者には難しいかもしれませんが、コンスタントに勝って、少なからず利益を出したいのであれば

 チャートを参考・検討して、チャレンジする銘柄を選ぶのがよいでしょう。

【トレンド系チャート】   現在の相場が上昇傾向なのか、下降傾向なのかを示すチャート

◆ローソク足
相場の値動きを、わかりやすいよう時系列に沿って図表として表す手法の一つ。値動きの幅を示していて、いくつかの種類がある。一日の値動きを示す日足、週単位の週足、月単位の月足など。

◆移動平均線
一定期間の終値平均値を、1日ずつずらしてグラフ化することで、毎日の株価の傾向を示す指標。値動きの将来の予想をする場合に使用する。

◆一目均衡表
相場のトレンド、および、下げ止まりや上げ止まりを判定するための指標。基準線・転換線・先行スパン1、2・遅行スパンの4つから成る。

引用: トレール.com

◆DMI
トレンドの「方向性」に着目した指標。一定期間内の値動きの方向性を数値化したもので、PDI・MDI・ADXの3本のラインでから成る。

【オシレーター系チャート】  相場の過熱感を示すチャート

◆ボリンジャーバンド
移動平均線に統計の手法を加えることで行うテクニカル分析

◆RSI
相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」を示すチャート。

◆ストキャスティクス
相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」を示すチャート。

◆RCI
順位を付けた日数と株価の相関関係を図る指標。

◆MACD
2本の指数平滑移動平均線を使った分析手法で、相場の過熱感とトレンド分析を組合わせて用いる。

◆サイコロジカルライン
投資家心理を数値化した指標。売買のタイミングを計る際に使用する。